長距離トラックの仕事の特徴

ドライバーの求人の関心がある人のなかには、長距離ドライバーに挑戦していたいという人もいるかもしれません。しかし、興味はあっても知識がなければ長距離トラックという仕事に応募するは勇気がいるものです。そこでここでは、長距離トラックの仕事の特徴について紹介しているので読んでみてください。

短距離トラックの仕事の特徴

地元でトラックドライバーの運転手として働きたいとき、長距離ではなく短距離トラックの求人に応募しようと検討している人もいるでしょう。ここからは、短距離トラックの仕事の特徴について説明していきます。住んでいる地域で働きたいという人はぜひ参考にしてみてください。

長距離トラックの求人に応募するのに必要となる免許は?

大型免許が必須になってくる

求人に応募する際は、相手方が示した条件をクリアしなければなりません。例えば、会社側が普通自動車の運転免許証を求めていたら取得しておく必要があります。長距離のトラックドライバーも同様で、運転手の職を得るのであればライセンスが必要不可欠です。しかも、長距離トラックドライバーの場合だと大型免許が不可欠となります。なお、大型は一種と二種に分類されていて、トラックの場合は前者に該当します。ゆえに、仕事に応募する前の時点で大型の一種免許を持っておく必要があるのです。 しかし、企業によっては事前に取得しておく必要がないところがあります。理由は、企業側がお金を出してライセンスを取らせてくれるケースがあるからです。

お金を出してくれるところを選択

会社側は労働者の確保の手段として、大型免許の取得費用を出すケースがあります。仕組みは、取得希望者に対してお金を出す代わりに一定の年数は働いてもらうのです。企業からすれば、人材の確保に結び付くのでメリットとなります。他方で、ドライバー希望者にとっては資金を捻出する必要がないので経済面でプラスです。ゆえに、長距離トラックドライバー職のを見つける際は免許取得のお金を出してくれるところを中心に探すのもありです。しかし、ライセンスを取らせてもらう代わりにどのくらい働くのかをあらかじめ聞いておかなければなりません。企業側が用意している制度を活用し、長距離ドライバーの職を得て働くのも選択肢の一つとなります。